院長紹介

  • TOP
  • 院長紹介

アウリィ歯科クリニックの院長紹介です。日本歯周病学会 学会認定医 中山 博登(なかやま ひろと)が務めております。院長からのご挨拶、経歴、また当院での診療で心に残ったエピソードもご紹介しております。

院長より

ご挨拶

ご挨拶

アウリィ歯科クリニック院長の中山博登と申します。

「食べること」は、多くの方にとって人生の中でも大きな楽しみの一つではないでしょうか。私はキャンプによく出かけるのですが、中でもアウトドア料理を作って「食べる」ことは特に大好きです。

からだの病気と同様に、ものを美味しく食べるには健康な歯が必要不可欠。健康な歯で一生を過ごすためには、セルフケアがとっても大切です。悪い状態になってから、痛い思いや不安な思いをしながら治療に通うのではなく、そうならないようきちんと状況を把握して継続的なメインテナンスをすることが重要なのです。

お口の状態、ひいては生活習慣は、一人ひとり実にさまざまです。私は歯周病専門医として、患者さん一人ひとりに合わせた正しい予防歯科の方法をお伝えし、お口の機能を回復するお手伝いをすることが、歯医者として大変意義のあることだと考えています。

ぜひ当院を身近なメインテナンスの場としてご利用いただき、ご自身の健康な歯で人生を楽しみませんか?

歯科医師になった理由・これまでの歩み

歯科医師になった理由・これまでの歩み

もともと医療の仕事や研究に興味があり、さまざまな勉強を通じて、健康を維持することがいかに人生を豊かにするか、その重要性を強く認識するようになりました。そしてそのことを、仕事通じて表現していけたらと思ったのです。

私は、元気さえあれば何でもできると信じています。多くの方の充実した人生を支えるために、歯科の分野から皆様の健康のサポートをしたいと思うようになりました。

そうして歯科の勉強を進めていくうちに、症状に対する治療だけではなく「症状」を作り出す「原因」へのアプローチ、つまりセルフケアが非常に重要であることに気づきました。患者さんによって治療後の経過に違いがあり、「治しても治らない」ことがあったからです。

そこで開業にあたっては、全体を診て原因を含めた診療・診断し、現在の状態やその原因をきちんと理解していただく、そして患者さん自身に正しい知識を身につけていただくことを目標にしました。お口の中は複雑なものですが、患者さんにとにかくわかりやすいように伝えることを意識しています。治療やメインテナンスを歯医者に任せっきりにするのでなく、患者さんご自身が関心を持って臨み、ご自身の意思で治療を選択していただきたいと思っております。

そうして、皆様にセルフケアの重要性に気付いていただくこと。そして歯ブラシや歯みがき粉など、患者さん一人ひとりに合ったセルフケアについてご提案させていただくことが大切だと考えます。

私たちの働きかけによって、お口の健康への意識を変えていただけた瞬間に一番感動と幸せを感じます。

「気づいてもらう」そんな診療を

「気づいてもらう」そんな診療を

当院では、定期検診に通っていただくメインテナンス、そして患者さんご自身のセルフケアによる「予防歯科」に力を入れています。また、患者さんへ治療についての情報やアドバイスをお伝えし、ご自身のお口の中の状況をしっかりと把握してもらった上で治療を行っていきます。

歯周病はお口の中の環境全体に影響し、さらに歯周病から全身の疾患へと影響することもある、怖い病気です。治療には専門的な知識が必要なるため、日本歯周病学会の認定医として勉強会や症例発表会などへ積極的に参加し、日々新しい情報やスキルを取り入れています。またそれをスタッフ全員が共有し、患者さんへとお伝えしています。

虫歯も歯周病も、定期検診によって、痛みを感じる前に発見・治療できるような「予防歯科」を積極的に取り入れた治療を推進してまいります。生活の一部として、ぜひお気軽にご来院ください。

心に残ったエピソード
  • こんなに丁寧に診てもらったことがない

    さまざまな検査や診断を行ってお口の中の状況をご説明したところ、「こんなに丁寧に診てもらったことがない」と大変喜んでくださった患者さんがいらっしゃいました。それをきっかけにご自身の口の中への興味が増し、「もっときれいにしたい」と歯周病の治療や被せ物にも取り組んでいただきました。「口の中が引き締まったようで気持ちがいいです」と、表情まで変わっておられたのが印象的です。お口の中に興味を持つきっかけとなれたことが、とても嬉しかったです。

  • 歯ブラシでここまで変わるなんて!

    虫歯で来院された若い男性を検査したところ、お口の中の環境が非常に悪い状態でした。しかし、患者さんご自身は現在の状況に関心がなく、「歯みがきをすると血が出るので磨かない」という状況で過ごされていました。
    そこで術者磨き(歯科衛生士による歯みがき)を実施したところ、歯ブラシだけでもとてもキレイになるのを目の当たりにし、大変感動されていました。それからわかりやすく丁寧に現状を伝え、ブラッシングの指導を実施。そして、その患者さんに合った歯ブラシをお渡ししたところ、1週間後には大変きれいな状態で来院されました。歯ブラシ1本を使い的確なポイントを伝えるだけでボロボロの状態から改善し、患者さんの人生をも変えた出来事でした。

経歴等プロフィール

院長紹介
名前 中山 博登(なかやま ひろと)
経歴 平成16年 広島大学歯学部歯学科 卒業
平成17年 東京大学 医学部付属病院 顎口腔外科・歯科矯正外科・臨床研修医 修了
平成21年 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 博士課程 終了(歯学博士)
所属学会 日本歯周病学会 認定医 日本臨床歯周病学会 日本口腔インプラント学会
所属スタディグループ PSTP(ペリオ会歯周病専門医研修会)
埼玉インプラント研究会
メディア いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方(週刊朝日ムック)
巻頭 特集ページに掲載
講演歴 ライオン株式会社、株式会社プラネット 共同主催 セルフケア実践セミナー講師
学会発表・論文
  • Evaluation of the fate of anorganic bovine bone fragments (Bio-Oss®) applied for sinus augmentation by histochemical and cytological methods with special references to the interaction with osteoclasts. (European Association for Osseointegration) (2009年 European Association of Osseointegration モナコ)
  • 重度歯周病罹患歯の保存にインプラント治療が有効と思われた一症例 (第44回 日本口腔インプラント学会 学術大会)(2014年 東京国際フォーラム)
  • Development and terminal differentiation of pulp and periodontal nerve elements in subcutaneous transplants of molar tooth germs and incisors of the rat. (European Journal of Oral Science 2008 Aug)
  • Phosphatase actions at the site of appositional mineralization in bisphosphonate-affected bones of the rat. (Journal of Medical and Dental Science 2008 Sep)
  • Effects of altered bone remodeling and retention of cement lines on bone quality in osteopetrotic aged c-Src-deficient mice. (Calcified Tissue International 2010 Feb)
  • Histological and histochemical analyses of cell-mediated resorption of anorganic bovine bone matrix at the site of sinus floor augmentation in humans. (Journal of Oral Biosciences 2010 Feb)
  • A variant of the Ekman-Westborg–Julin trait. A case report and review of the literature. (Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 2016)
  • 重度歯周病罹患歯の保存にインプラント治療が有効と思われた一症例 (第44回 日本口腔インプラント学会 学術大会)(2014年 東京国際フォーラム)
  • 下顎遊離端欠損部にブレードインプラント治療を行った30年経過症例 (第38回 日本口腔インプラント学会 関東・甲信越支部学術大会)(2019年 京王プラザホテル)
講習会
  • Zimmer Dental スプライン インプラント ベーシックコース 修了(2008年)
  • Zimmer Dental スプライン インプラント アドバンスコース 修了(2008年)
  • Dr.Cho “Advanced Implant Placement and Restoration and Ridge Augumentation” ハンズオンコース 修了(2012年)
  • FIDI (Field Implant Dentistry Institute) ハンズオンコース 修了(2012年)
  • 埼玉インプラント研究会 臨床100時間コース 修了(2013年)
歯科医師になった理由 もともと医療の仕事や研究に関心があった。社会の歯科受診に対する意識を変えたい。お口の健康を維持することがいかに人生を豊かにするかということを、仕事を通じて広く知ってもらいたい。私たちのはたらきかけによってお口の健康への意識を変えていただけた瞬間に、一番幸せを感じます。
休日の過ごし方 勉強会や研修会に参加。家事。最近はYoutubeの長州力チャンネルに夢中。飛ぶぞ。
趣味 マラソン、バイクツーリング、キャンプ、ギター

アウリィ歯科クリニックのコンセプトや医院概要については、下記のバナーより詳細をご参照ください。